スポンサーリンク

本土寺は千葉県有数の紅葉狩りスポットです。

秋深まる今日この頃、晴天の日曜日ということで千葉県でも有数と思っているの本土寺に紅葉狩りに出かけました。本土寺は千葉県の松戸市にあり、通称あじさい寺と呼ばれるほど紫陽花が有名ですが、紅葉もなかなかの見ごたえでした。写真とともにご紹介しますね。

本土寺のご紹介

もともとは源氏の名門平賀家の屋敷跡と伝えられ、寺号は日蓮聖人より長谷山本土寺と授かったそうです。ホームページを拝見すると本土寺の本土とは「我此土(わがこのど)」お釈迦様が本当の佛、本佛となって住む国土「本土」に由来し、かつてはなかなかの山容だったとのことですが、今でも十分見ごたえがありますね。数年前までは紅葉のライトアップや普段立ち入ることができな場所を案内してもらえる本土寺ツアーもやっていたのですが、最近は行われていないようで残念です。

本土寺へのアクセス

本土寺はJR常磐線各駅停車 北小金駅から徒歩15分ほどの場所にあります。駅からすぐ参道どなっており、本土寺の近くでは土産物屋なども並びます。駐車場もありますが、さほど大きくはありません。途中に有料駐車場もありますが、今の紅葉や紫陽花の時期はかなり混雑しますので早めに出るか公共交通機関を利用したほうが良いと思います。

  • 開門時間:8:00〜17:00 (最終受付16:30迄) 年中無休
  • 参拝料:大人500円 小学生以下200円

※年末年始は深夜の参拝を受け付けています。

紅葉の様子

それでは紅葉の様子をお届けします。写真では伝えきれませんが、息をのむ美しさとなっていますよ。

仁王門をくぐるとまず圧倒的な紅葉につつまれます

 

黄色とオレンジの世界 奥に見えるのが仁王門

 

五重塔は燃え盛るようです

 

まるでおとぎの国

 

弁天池の裏側の通路

 

同じく弁天池裏側の通路から 色とりどりの世界

 

本堂からの渡り廊下

 

秋山夫人墓所近くにて

 

散りてなおはかなく美しく

 

秋山夫人の墓所付近にて

まとめ

いかがでしたでしょうか つたない写真ではありますが、本土寺の紅葉の魅力が少しでも伝われば幸いです。6月には紫陽花の季節になりますが、それ以外の季節でも四季折々様々な風景を楽しむことができます。日本の紅葉は世界でも一番色が多いそうですが、それらを凝縮したような紅葉が見られると思います。これだけのの敷地 木々を管理されているのは大変かと思いますが、お寺の方には感謝を申し上げるとともに今後とも素晴らしい景色を楽しませていただけるようお願い申し上げます。

おまけ

仁王門のそばにあるお土産屋さん 赤門家さんではなめこ汁の無料サービスをいただくことができました。


また隣の黒門家さんではできたて草団子を購入しました。これまた美味なり

これらのお店ではお土産を買えるほか、休憩や食事

も楽しむことができますので立ち寄ってみてはいかがでしょうか

それではまた

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください