スポンサーリンク

後楽園にてネイチャーアクアリウムを観賞

全国一千万のTSSファンの皆様 すっかり更新が滞っております 忘れたりしていたえわけではないのですがいけないですね。・・・

先日は後楽園のギャラリーで開催されている写真家・水景クリエイターの故天野尚氏の作品にスポットを当てたネイチャーアクアリウム展を鑑賞する機会がありました。結論から言うととても美しく見ごたえのある展示でした。館内は写真撮影 動画撮影は可能という太っ腹な対応でしたのでたくさん撮影してきましたが、ここで載せてしまうといわゆるネタバレになってしまうのでチラ見せ程度で(笑)その代わり概要や感想についてお伝えできればと思います。

開催概要

  • 日程:2017年11月8日(水)~2018年1月21日(日)
  • 場所:東京ドームシティ ギャラリーアーモ
  • TEL:
  • 料金【当日券】 大人1,300円/中人(大学・高校生)1,100円/小人(中学生以下)800円
【チケット情報】
チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/amano-na/
カンフェティ
http://confetti-web.com/natureaquarium
セブンチケット
http://7ticket.jp/s/060569/p/20180121/1
ローソンチケット
http://l-tike.com/amano-na
イープラス
http://eplus.jp/takashiamano2017/

場所は適当に歩くとわかりにくいです。白山通りに近い方で東京ドームホテルの東側にあるコンサートホールの近くです。もう少し現地案内の工夫がほしいところ

ネイチャーアクアリウムとは

ここでネイチャーアクアリウムについてご存知ない方にご紹介しましょう。

アクアリウムとは水槽のことです。すなわち自然の世界を水槽に再現したものをネイチャーアクアリウムと言うのです。例えば川の中の自然を現したものもあれば地上の風景を表したものもあります。大切なのは自然の生態系をモチーフにすることです。一般的には水槽に魚や生き物を飼うとなれば酸素を入れて、多少の水草や砂利をひいてその中に魚を泳がせるといった考え方が多いのではないでしょうか?ネイチャーアクアリウムは自然界に近いものを再現させますので、例えば川の中には流木があったり、水草が生い茂り、石も大小さまざまな形のものがあります。さらに魚が生育するには餌となる微生物も存在します。こういった自然環境をいかに美しく大きなスケールで再現させるかといったところがポイントになります。天野尚氏はそこに徹底的にこだわった第一人者といってもいいでしょう。

天野尚氏とは

天野尚氏についても触れておきたいと思います。

私も正直名前を存じ上げる程度でしたが、今回のアクアリウム展を拝見して氏の考え方や作品に心打たれたといっても過言ではありません。天野氏は新潟に生まれ、幼いころから豊かな自然に囲まれて育ったそうです。その体験を生かす形でアートアクアリウムを手掛けるアクアデザインアマノ(ADA)を設立します。天野氏が高い評価を得るきっかけになったのはアートアクアリウム作品に日本のわびさびといったモチーフを取り入れたことです。そして自然界をいかに美しく再現するかといったところに徹底的にこだわりました。平行して風景カメラマンとしても活動し、地元新潟からアマゾンなどを中心に世界中の自然を大判フィルムで緻密に美しい作品を作り続けてきました。2009年には世界環境写真家協会を設立し、写真家として環境保全についても積極的に活動されてきました。残念ながら天野尚氏は2015年に病気で亡くなりますが、彼の活躍は世界でも高く評価されるに至っています。

会場の様子

ネタバレになるので写真は控えめに載せますが、場内の様子を説明させていただくとまず、は天野氏の撮影した風景写真が大きなスケールで展示してあり、まずそこで大きな感動と衝撃を受けました。デジカメも性能が上がってきていますが、デジカメにはない大判フィルムで描かれる圧倒的な情報量・描写力はまさに大判の面目躍如でしょう。かなり高度な技術を用いての作品も多数見られ、天野氏の写真家としての力量も素晴らしものだと感じました。あまり写真展に行く機会はないのですが、今回は超大型のパネルが使われており、なかなかほかのでは見られない展示となっていると思います。そしてアートアクアリウムは今回のために制作されたもので、高解像度モニタによる映像やアートアクアリウムの解説コーナーなども用意され、存分に堪能することができました。

軽くお写真など・・・・

天野氏が使用していた大判カメラ

大判フィルムをライトボックスで見ることができます 8×20という天野氏のために特別に富士フィルムが制作した貴重なフィルムをみることができます。正直圧倒されてしまいました。

アートアクアリウムの例

場内の様子

まとめ

ということで今回の写真は控えめですが、見に行く価値は十分にあると思います。会期は1月21日までとなっていますのでお早めに・・・(もう少し早く紹介したかったのですが)

冒頭少し触れましたが、大きな感動をえることができて大満足でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最後のアマゾン 天野尚写真集 [ 天野尚 ]
価格:3908円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] アクアリウム・ライフ 水槽を彩る熱帯魚と水草の小宇宙
価格:2047円(税込、送料別) (2017/12/29時点)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] アクアリウム・ライフ 水槽を彩る熱帯魚と水草の小宇宙
価格:2047円(税込、送料別) (2017/12/29時点)

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください