スポンサーリンク

衆議院解散~希望の党に希望はあるか

たまには政治ネタです 政治も日々の生活に大きく影響しますから座視できませんので取り上げます。

今月28日に衆議院が解散となり、新しい政局を迎えようとしています。安倍首相は解散に際して現在国防上重要な局面となっている北朝鮮問題と消費税の使途が争点であると明言しています。その解散に合わせた大きな動きが小池百合子都知事によって結党された希望の党です。

メンバーは細野豪志氏 若狭勝氏 後藤祐一氏 松原仁氏ら旧民進党議員や旧自民党の福田峰之氏ら14名となります。これに関連する動きとして民進党の前原誠司代表が小池百合子氏と会談を行い、民進党籍を保ったまま希望の党の公認として出馬できる形をとっています。このままでは民進党は存続の危機であり、解散となれば政党助成金を国庫に返納しなければなりません。ちなみに昨年は97億ほどあるそうですが・・そこで小池人気にあやかろうという民進党の意図が見えます。ちなみに彼らは民主党から民進党に変わるときも同じような動きで助成金を返納していません。

希望の党と民進はうまく折り合えるのか

しかしながら最近は保守のスタンスである小池氏と民進党が連合してもうまくいくのかという疑問があります。例えば安保法制について小池氏は賛成 民進党は反対です。反対であるという党方針を決めた当時の政調会長である細野豪志氏が、希望の党は安保法制反対の人間は公認できないなどと言っているのですからいい加減にもほどがあります。

何故安倍政権が打倒なされないか

目的が安倍政権打倒になっているからではないでしょうか だから北朝鮮やら安保法やらその他国際的な重要問題に対して審議を拒否し、加計や森友問題のあげ足とりしかできないのです。不正は正さなければなりませんが、その前に政治家(政党)である以上政策で議論をしてほしいです。安保法制しかりテロ等準備罪しかりですが、反対なら誰でもできる その反対の理由もこじつけばかりで、対案はどうするのかもまったくありません。そして森友 加計の問題も証拠が無くでっちあげなのが明らかですが、大手マスコミの偏った報道で大手マスコミしか見ない層は安倍首相や自民党が怪しいと信じてしまっているのです。

例えば加計学園の誘致は国家戦略特区制度の建前上安倍首相が判断をした形になっていますが、実態はそれ以前の10年以上前からから今治市および愛媛県は加計学園ありきで決定しており、今治市が金と土地も用意するということ話が進んでいたのです。加計学園ありきと書くと聞こえが悪いですが、加戸愛媛県前知事は12年前からBSEや鳥インフルエンザといった防疫上の危機感から獣医学部を手厚くすべきだという主張を続けていました。現に隣国である韓国や中国は長く鳥インフルエンザに苦しめられています。これをなんとか水際で食い止めなければならない。防疫の世界も多分に漏れず日進月歩で情報が変化する世界です。常に研究を続けていなければ遅れをとってしまいます。そこで各大学へ獣医学部を誘致するべく声をかけていましたが、応じてくれたのが加計学園のみだったのですからそこに友人関係があろうが加計学園で話が進むことに違和感はありません。加戸前知事がこのあたりを国会で発言してもほとんど大手マスコミで取り上げられません。YoutubeやTwitter インターネットTVなどは逆にこのあたりの情報もオープンになっていますので情報がトリミングされるということもありません。なので加戸前知事は真実はYoutubeにあると発言しているくらいです。

↓参考URL

加戸前愛媛県知事の主張をマスコミはなぜ取り上げない!「各メディアの取り上げ方一覧」が話題

https://www.j-cast.com/2017/07/11302992.html?p=all

 

逆に民進党の玉木雄一郎氏は鳥インフルエンザもBSEも四国には発生していないから獣医学部は必要ないと言い切っていますが、彼は日本獣医師会から献金などを受け取っており、「獣医学部は作らせません」と獣医師会総会で発言しているのですから獣医師会や文科省の既得権益を守るために便宜をはかっている張本人といえますね。

彼は日本獣医師会からの献金は一度だけと言っていますが、愛媛県の獣医師会からの献金も受け取っています。確かに日本獣医師会からの献金は一度きりですがほかの獣医師会から献金を受けているので献金は複数あったことと同義です。幼稚な屁理屈だと思います。

こういったすぐに調べればわかることを民進党やほかの野党 大手マスコミはろくに裏取りもせず、野党にとって都合の悪いことは取り上げず、トリミングなどにより印象操作を行い、問題だと騒ぎ立て、怪しいから証拠を出せと無茶をいい国会を停滞させる。これは税金の無駄どころか立派な犯罪といっていいレベルだと思います。

ちなみに疑惑や不正があるというのならばその挙証責任は今回は野党にあるのであり、認可省庁である文科省にあるのです。謎の怪文書は文科省の担当のメモレベルで今では出所もわかっています。行政省庁に限らずですが、仕事というものはそのようなメモで記録したり決定されたりするはずもなく、ましてや総理のご意向などといった忖度で進む筈はないのです。日付も部署名も作成者名も無いメモに同然の文書に対して犯罪の証拠ではないかと訴える方がどうかしてます。そんなものは後からでも作りたい放題ではないですか。

例えば「お前に金を貸した 証拠はないがこの出所がよくわからん紙切れ文書が怪しい お前は金を貸りていないのであればそれを証明せよ」 まるでやくざの言いがかり(今どきやくざでもそんなことはしませんが)ですが、安倍首相はそんなこと言われてるわけです。

蛇足ですがマスコミは思いあがっていますね。マスコミの本分はわかりやすく正しい報道を行うこと。その内容から判断するのはあくまで国民なのです。ところが今のマスコミは偏った内容が多いために国民が正しい判断ができません。これもどうにかならないものでしょうか

少し話がそれましたが小池氏の希望の党としては支持を得られていない民進党のカラーは隠したいのでしょうが、それでもお金や人材は欲しいので民進党からの受け入れをせざるを得ず、そこがジレンマとなっている印象です。 民進党カラーを消すには独自の政策を掲げてアピールしていくことがもっとも真っ当なやり方なのではと思いますが、その政策を見てみましょう。

希望の党の政策

  • 希望の政治
    1. しがらみのない政治
    2. 議員定数・議員報酬の縮減
    3. 行政改革・徹底した情報公開
    4. 真の地方分権の確立
  • 希望の社会
    1. 女性政策など、ダイバーシティ政策の確立
    2. 多様な教育(奨学金、高度研究、生涯教育)
  • 希望の経済
    1. 消費税対応、実感できる景気回復の実現
    2. ポストアベノミクスにかわる成長戦略 不動産の有効活用 AI 金融
  • 希望を守る環境・エネルギー
    1. 原発ゼロとゼロエミッション社会への行程作成
    2. フードロス対策など
  • 憲法改正
    1. 希望溢れる日本の礎

 

う~ん ご立派なことを言っているのかわかりませんが、抽象論ばかりでまったく具体的な話はありません。上記を実現するために何をするのかが大切なのです。特に憲法改正の記載内容はまったくわかりません。あとからどうとでも解釈できるものばかりです。

小池氏は都知事就任後1年がたちますが、都政でも混乱を招いただけで何一つ先に進んでいない印象です。東京五輪も例えば環状二号線の工事なども間に合わずまともに開催できるか危ぶまれる状況にまでなっています。また情報公開については定例会見で豊洲問題の意思決定に関する文書が残っていない旨の指摘に対してAIが決めたことという旨の発言をし、「情報公開どころかブラックボックス化されている」 「AIに対する風評被害だ」などの批判を浴びており、言動が一致していません。さらに地方分権の確立と定数削減など矛盾する政策も見られます。

個人的には正直これまでの実績を鑑みても国政どころか政治を任せられる気がしません。本人はいまのところ国政に出るとの発言はありませんが、都政が行き詰った段階で放り出して国政に出る可能性はあると思っています。

共産党は共産党で野党共闘の流れで勢力拡大を狙っていたと思いますが、 肝心の民進党は没落し、希望の党は共産党とは組まない方針を打ち出していますので今後の戦略の練り直しが必要になるでしょう。

一方の安倍政権ですが、やはり消費税増税は避けて欲しいところです。消費税が景気を失速させ、長きにわたる不況を招いた根本原因だと思います。財務省の官僚に負けずに戦って欲しいのですが、難しいかもしれませんね。そしてなぜか法人税は減税を検討する。これもおかしな話だと思っています。それでも現状は自民党が一番まともであると思いますが。

今の日本はインターネットで国会の議事録など公開されています。Youtubeにも動画があります。ぜひ若い人には政治に参加してほしいと思いますが、セカンドオピニオンではありませんがTVだけではなくいろんな情報源を参考に今回の選挙に参加してほしいと思います。特に人気や知名度だけで選ばないようにすることが大切です。

特に今回の民進党の動きは己の本分である政治の主義主張を覆すものであり国民にとっては裏切り行為です。このような動きには次回の出馬制限や歳費のカットなどペナルティを設けるべきです。

かつて民進党は民主党時代に政権を取った際にも財務省にまるめこまれてもあっさり消費税増税に舵を切りました。この当時から体質がまるで変わっておらず政権を任せられるだけの信用は自分にはありません。民主党で失敗し民進党に名前を変えてリセットしましたが今回も名前を変えてリセット狙い これもまったく進歩がありません。一次政権の失敗から学んで着実に政権を運営してきた安倍首相とは比べるべくもありません。

政治の質を上げるには我々国民の質が上げなければならないのです。ワイドショー政治はもうやめにしませんか?

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください