スポンサーリンク

低音万歳!! radius HP-G100BTレビュー

いよいよ桜も散ってこれから新緑の季節ですね。以前ヘッドフォンY50BTのレビューをさせてもらいましたが、これから先の季節はさすがにオーバヘッドタイプのヘッドフォンは暑くなってくるため、イヤフォンも新たに購入しました。イヤフォンはこれまでもなぜか定期的に買い替えることになってしまってますね。・・・

ちなみにY50BTの記事はこちらでございます。

AKG Y50BTを購入

2017年11月27日

 

イヤフォンについては現在SHUREのSE425という機種を持っています。これが形も音もいたくお気に入りで長年愛用しているのですが、Y50BTで無線式(ブルートゥース)の便利さに目覚めてしまい、新たにブルートゥースのイヤフォンを購入することにした次第です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHURE SE425-CL-J(クリアー) 高遮音性イヤホン
価格:28932円(税込、送料無料) (2018/4/14時点)

 

個人的には音質にもイヤフォンにもものすごいこだわりというのはないのですが、それでもある程度好みはあって、これまでなかなか思うような機種に巡り合えなかったんですよね。形がよくても音が好みじゃない 或いはその逆だったり、装着感がイマイチ リモコンが使いにくい あるいは値段が高すぎるなど・・・ 贅沢を言うつもりもないのですが、やはりある程度の納得感は欲しいですし、探せばいろんな機種があり選択肢も広いことから余計に悩む要因になっているのですね。そんな中でSE425はイヤフォンとしては自分にとって高価な部類ですが、やっと好みのモノにで出会ったということに加えて、当時は円安の影響による価格改定があり、値上げということも後押しして、清水の舞台から飛び降りるつもりで買った思い出の品といってもいい機種なので売却せずにとっておきたいと思います。

購入に際して考慮したこと

んでは何を買うかというところですが、考慮したのは以下の点です。

 コンパクトであること

やはり持ち歩くためなるべく軽くかさばらないに越したことはありません。特にバッテリーがポイントですね。主な用途が通勤なのでバッテリーのロングランは望んていません。バッテリーで本体が大きくなるならコンパクトさを優先しますので跡えばリモコンとバッテリーが独立しているタイプは避けたいですね。またネックバンド付きの機種もありますが、同様にかさばるので却下です。

カナル式であること

通勤で使う以上音漏れは最小限にしたいところ。また遮音性なども求めていくとこうなります。

カナル式とは耳栓のようにイヤーチップを耳の奥に押し込んで装着するタイプで遮音性があがったり音漏れもしにくくなりますが、しっかり装着しないと本来の音質が得られなかったり人によっては疲れやすいという人もいるようです。これ対してインイヤー式というのがいわゆるiPhoneに付属してくるイヤフォンです。つかれにくく音の広がりを得られるといわれています。

リモコンのボタンが独立して操作しやすいこと

リモコンはいわゆる“見ないで操作”することになるので、ボタンの形状は触ってわかりやすくかつ独立していることが望ましいです。また押したときの感触もわかりやすいものにしたいですね。

金額は最大2万円以下

その人のお財布次第ですね。

デザインは個性的すぎないこと

通勤や日常でも使いたく、スーツでも違和感なく使えるような黒っぽい色合いで飽きにくいベーシックなデザインを希望します。スポーツタイプなどにあるような蛍光色の製品はできれば避けたい感じです。

装着しやすいこと

本体の見た目も装着のしやすさについてはケーブルの取り回しとワンセットのところはありますが、とにかくスムーズに違和感なく取り付けられることとフィット感ですね。イヤーピースは大概の機種は複数用意されていたりコンプライのようにサードパーティのイヤーチップもありますが、できれば純正でフィットできればいいですね。

LRの判別がしやすいこと

長い間使っているとLRのシルク印刷が消えてしまうことがあります。部品の色が違うとか形などですぐ判別できるかそうかもポイント。

ケーブルの取り回しがしやすいこと。

無線式なので有線式よりウェイトは低いですが、収納性に影響します。柔らかくて癖がつきにくいものがいいですが、耐久性が使ってみないとわからないですが・・・

音はPOPS ROCKなどに合うような低音重視でドンシャリ傾向であること

完全に好みなわけなんですが、SE425はバランスドアーマチュア方式を採用しており、比較的音のバランスの良い傾向の機種ではあるものの、Y50BTで元気の良いサウンドを聞いてからは今はその気分なので低音重視のドンシャリ傾向なものを狙っていきたいと思います。

いかがでしょうか 音は好みもあるのですが実はそんなに神経質になってはいません。使用感も含めて考慮すると個人的にはこのあたりはチェックしておききたいところ。

SE425を無線化してみる?

現在持っているSE425を無線化という手段もあります。SE425はリケーブルといってケーブルを交換することができるため、ケーブルをBTユニット付きのものに買い替えるのです。この方法は試着なりで試せてはいません。ただSE425の音が結局変わってしまうことを懸念してやめました。ただ手段の一つとして十分に検討に値する方法だとは思います。SHURE純正でこんなのもありますしサードパーティの製品もあります。

 

 

イヤフォンの購入について

ヘッドフォン購入の際にも述べましたが、できれば試着したいですね。音はもちろんフィット感 取り回し、操作性などはやっぱり触ってみないとわかりません。とはいえ大きな家電量販店に行かないとなかなか試着する機会がないかもしれませんし、マイナーな機種はなおさら店頭で見かける機会も少ない状況ではあるのですが、そういった場合は口コミやレビュー情報から総合的に判断するしかないかもしれませんね。

ということで僕はヨドバシアキバで視聴して選んだのが今回ご紹介するradius HP-G100BTです。radiusは1996年にアメリカで設立されたのオーディオ・アクセサリーメーカーです

ということで早速開封の議を写真とともにご紹介

radius HP-G100BTがやってきた。

目立つ重低音の文字

付属品 本体以外に充電ケーブル 替えのイヤーチップ マニュアル ポーチ 説明書

取り扱い説明書は日本語にローカライズされています。

本体を取り出します。派手なパッケージと違って地味なデザイン メーカーロゴはリモコンの裏にあります

本体のアップ LRはハウジングに刻印されています。

リモコン ボタンは独立して間隔もあいているので使いやすいです 左に空いている穴はインジケーターです。

付属品のイヤーパッド

radius HP-G100BTを買ってみての感想

使い勝手はとてもいいですね。重量はわずか12gと軽量でそれ以外の条件もクリアですね。音はお店で聞いてきましたが、確かに低音は出ていますね。ただし重低音まではいかないかもしれません。この影響でやはこの影響でぼ^-カルは苦手です。電源はリモコンの真ん中のスイッチが電源スイッチです。遅延もなく使いやすいです。ペアリングも早くてスムーズですね ほかに充電2時間で再生時間が7時間と小柄な割にはスタミナも十分です。これが一万以下で買えますのでかなり割安感があります。カラーバリエーションは黒、赤、緑です、自分は当然黒をチョイス なかなか満足度高い製品ですね。個人的にはそのようあ音質傾向が好きであれば十分のような気がします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください