スポンサーリンク

SNOW PEAK UG-729を購入レビュー

花見を一段落ですが、最近SNOWPEAKの3Wayバッグ UG-729を購入したのでレビューしたいと思います。前回までの夜桜セレクションはいずれもこのUG-729が大活躍でした。会社に通勤しつつ三脚やカメラも楽に持参できましたからね。

というわけでご紹介しますね。まずはブランドストーリーから

SNOW PEAKというメーカー

SNOWPEAKとは1964年に新潟県で創業した主にアウトドア用品のメーカーです。もともとは金物問屋だったそうですが、創業者である金井幸雄氏が当時のアウトドア用品に不満があり、自ら製作を始めたことがきっかけとなっています。その後自動車の普及とともにブームになったオートキャンプの市場に積極的に注力し、事業の拡大を図ってきています。製品づくりのモットーとしてはユーザーの視点にたつこと、そして良いものを長く使う使うことが最高のエコであるということを標榜しています。このため、製品化には徹底的なフィールドテストを行い、製品には永久保証制度などをつけています。合わせて現在ではでもキャンプを通じて人と自然のつながり、あるいは人同士のつながりを大切にしているメーカーです。

僕個人は正直SNOWPEAKというブランドは名前を知っている程度で高価なイメージもあり、キャンプなどもやらないことから購入する際の選択肢に上がることはなかったのですが、今回たまたま通勤でもある程度違和感なく使える3Wayバッグを探しているうちにふと店頭で見かけて気に入ってしまい、結構衝動買いに近い形で購入してしまいました。ちなみに恥ずかしながら今回初めて日本のメーカーだということを知りました。

3Wayのバッグを選択した理由

3Wayとは鞄を使う際には手提げ、ショルダー、リュックの3通りに使えることからそのように言われます。最近は特に人気が出ているようですね。自分もブームにのったわけではないのですが、荷物が多い日もあり、そのような日に長時間持ち歩くと肩が痛くなってくるのですね。寄る年波には勝てないということですね。

昔のビジネスバッグといえば革の手提げ鞄といったイメージもあり、昔はバックパックスタイルなどとんでもないという人もいたのですが、時代は変わるものです。

3Wayのビジネスバッグというと有名どころでは例えば吉田カバンのタンカーなどが挙げられますね。

 

3Wayバッグを買うにあたって留意したポイント

デザインは好みもありますのでそれは置いておきますが、通勤で使うのでスーツでの通勤にも違和感が無いものを探しました。まあ、この違和感も個人差はあろうかと思いますが、僕の会社はそこまでピシッとしたものは求められてないのである程度選択肢は広がりました。そのほかに留意した点は以下のポイント

  • 重さは1㎏前後以下であること
  • できれば防水素材を希望 不意の雨天でも気にせずに使える
  • 形がかっちりしておらず柔軟性がある素材がいいということ。
  • マチ幅が広すぎないこと(100mm以下が目安で調整機能付きも可)
  • 肩ベルトが収納できること(手提げで使う場合は是非収納したい)
  • 価格は2万円以下(安いに越したことはないもののデザイン・作りのよさも考慮)
  • 背面側にA4以上の書類が折らずに収納できること
  • かさばるものも入れるため容量は20リットル以上
  • チェストストラップがあること(できれば)
  • 肩ベルトにDカンがあること(できれば)

とまあこんなところを漠然と考えてはいたものの、仕事があってなかなかお店は回れていない状況でした。ただし空いている時間にネットで検索するとぽつぽつとぽつぽ出てきます。

例えばこんなのとか

 

これは安くてておしゃれ

 

 

しかしながらイマイチ決め手に欠ける状況が続いていました。やっぱり一度実物は見てみたいなあという思いもありーのというところでふと出会ったのがこのUG-729です。

上記条件からするとマッチしていないのがマチ幅でした。こちらとしては100mm前後で探していましたがスペック上は140mmもあります。しかしながらデザインのせいかさほどマチ幅が分厚い印象を感じることはありませんでした。他はほぼすべての条件に合致する感じです。ためにしに背負ってみると軽さもあってなかなかいい感じです。デザインも素材感もなかなか自分好みです。大は小を兼ねるやろ・・ということでほぼ即決で購入した次第です。

購入して約一か月が経過 結果気に入ってほぼ毎日使っている状況です。興味を持たれた方のために軽く感想など書いてみたいと思います。

 

買ってみてあらためて良かった点

  1. 入れるものによりますが思ったより物が入る
  2. 何をいれるかによるのですが2泊以上の出張もこなせます
  3. (素材が柔らかくある程度融通は利くのがいいですね)
  4. ファスナーの開け閉めが行いやすい
  5. やはり軽く背負い心地もいいので長時間の移動なども苦にならない

ちょっと気になった点

  1. ファスナーを止める場所によっては鞄が意図せず開きやすい
  2. 背負った時に小物ポケットが空いていないか気になる
  3. 背面のストラップがイマイチ使いこなせない
  4. メイン収納部に仕切りがないためイマイチ使いにくい
  5. 背面部の書類収納スペースのファスナーの開く範囲が狭い
気になった点の補足

気になった点については少し補足させてください。単に使い方の問題もあるのです。僕はいままでショルダータイプのバッグを使っていたのでリュックタイプに慣れていないことが大前提としてまずありますのでそこをふまえて理解いただければと思います。

1についてはまさに使い方の問題です。僕が使っていたショルダーバッグはファスナーが上面のみ開くタイプなので閉め忘れても中身が落ちる心配はすくなかったのですが、後の写真で紹介する通り、このかばんは3方向に開きますので、中途半端な位置でファスナーを止めてしまうと徐々に空いてきてしまうのです。これが確認されてからはしっかりと上方向でファスナーを閉めるようにしていますので以降意図せず中身が開くことはありませんでした。

2についてもしっかりファスナーを閉めておけば問題ありません。ただし下を向いているためやはり気を使います

3については今のところ脱いだ上着などをひっかけていましたが、登山などをするわけでもなくイマイチ使いこなせません ま、あっても困らないのですが立派なものなのでうまい活用法をさがしたいところ

4については小物は基本的に外部の小物入れに入れることになりますが中にもメッシュの仕分け部分があります ただしこちらはマチ幅がないので使いにくいです。小物を入れるには大きいため、ある程度メイン収納部のファスナーを開けないと取り出しにくい状況です。ここはなんとか工夫しても改善したい

5についてはその部分に書類などを入れることにしていますが、書類へのアクセスが片側からに制限されるのと開く範囲がやや狭いのが地味に不便です。大は小を兼ねますがこの部分については使い勝手は落ちそうです。

細かい部分も含めて指摘はさせてもらいましたが、慣れや使い勝手で解決できることも多く、メリット部分が大きいのでなんだかんだでトータル100点中80点といったところでしょうか この後写真なども交えてご紹介させていただきますね

ちょっと暗いですが外観

ちょっと向きをかえて撮影 背面に小物入れのポケットは3つあります

バックパックスタイルにした場合、上部にくる小物入れ スマホはiPhone6S 余裕をもって入ります。ちなみに手提げで使うと側面からのアクセスになります。

ちなみに長財布は無理でした

バックパックスタイルで側面にくる小物入れ 手提げスタイルだと上面になります。Iphone6Sはちょうどよく収まります。

メインの収納部 なかの間仕切りはありません 蓋側にメッシュの小分けスペースがあります。

メインのマチ幅の内寸は100mmちょっと 結果的に個人的にはいいサイズでした。

メイン収納部の背面側にあたる部分にもファスナー 艶消しでカッコイイ しかし蓋側も含めマチ幅はないので使いにくい印象

問題の背面(体側)の収納 ファスナーが中途半端にしかあかず、アクセスも片側からになるのでないので使いにくいです また蓋側にパソコンやタブレットを入れられるクッション材付きのポケットがあります。メッシュの小分けスペースもやや使いにくい。。。

なぜかファスナーがここまでしか開かない

別角度から 下に見えるのが手提げになる部分です

中途半端にしかファスナーが開かないため内に二つあるメッシュの小分けスペースのうち片側が使いにくい状況です。

ちょっとぶれましたがクッション材仕様のPC・タブレット収納スペース

なあんとか使いこなしたいバックル付きのストラップ?

うれしいことにチェストポケット付き

バックパックの上部にあたる部分にも手提げがあります。

肩ベルトのD環 これもあるとありがたい

肩ベルトを収納した状況 肩ベルトの下側にある部分のバックルを外して肩ベルトの根元にあるしきりに収納します。作業は簡単でした

素材はナイロンでマジックプロテクションとよばれる加工が施されています。若干の光沢がカッコイイ! ファスナーも水が入りにくい仕上げです。

マジックプロテクションのタグ

※マジックプロテクションとは軽量かつしなやかで耐久性 耐水性に優れる素材です。

ショルダーベルトにもパッドがついています

いかがでしたでしょうか 個人的には初の3Wayビジネスバッグは初めてなのでなのでこんなものといわれればそうかもしれませんね。やはり気になるのは小物の収納や間仕切りはちょっと不満なところです。3か所の小物入れはスマホ 定期 鍵 予備のバッテリーなどを入れています。また普段は長物の財布を使っているのですがこれは入らないので書類スペースに入れて使うしかない感じです。メインの収納にはタオルや冬場であれば手袋やマフラー 本などを入れる感じです。しかしながら間仕切りがないので一工夫したいところです。ただ軽く疲れにくいというのは何よりですね。本格的な雨もありましたが撥水も耐水性も十分です。気になる点もありつつトータル的には満足度が高く100点満点中80点といったところでしょうか あまり売っている場所は少ないのですがSNOWPEAKのオンラインストアではまだ購入できますので是非検討してみてくださいね。

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AA/%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0/3way%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0/p/39381

おまけ リュックスタイルの利便性を向上させる

上で小物入れに関する不満をかかせてもらいましたがそのあたりを解消させるグッズも併せてご紹介します。

リュックといえば手ぶらになるのはいいのですが、モノがほとんど背中にいってしまうため、財布やスマホの取り出しが不便だったりします。特に夏場はポケットが減るため、収納に困る場面も増えるはず ウエストポーチや小さなショルダーバッグを併用してもいいのですがも地味に邪魔になりますね。そこで僕はリュックのショルダーベルトのD環にポーチをひっかけています。これが便利すぎるので是非おすすめします。

例えばこんなのです

 

こんなやつもいいで感じです。

バッグを変えると気分も変わりますね。小さな変化でもお出かけが楽しくなったりするものでこんな気分転換もいいものです。

 

 

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください