スポンサーリンク

茨城で絶景をハシゴしてきましたー~ひたち海浜公園ネモフィラ編

近頃はインスタなどの普及もあいまって絶景ブームですね。実は茨城はその気になれば首都圏からも日帰りで楽しめる範囲で絶景が三か所も訪れることができるおいしいスポットなのです。たださすがにそれだと回るだけになるのである程度ゆったりを楽しみたいと思い2泊(実質1泊)でそのあたりを堪能してきましたのでご紹介させていただきますね。今回はひたち海浜公園編です。

絶景Point

ひたち海浜公園の見晴らしの丘一面に咲くネモフィラがいちばんの見どころです。ネモフィラの花自体は小さいものの、広大な場所に一面咲き誇る様はまるで青い絨毯のようです。青い空はと青い海も見渡せる場所もあるため、まさにここでしかみられない風景といっても良いでしょう。またネモフィラの花も可憐な姿なのもポイント高いですね。

ひたち海浜公園はこちら

アクセス

鉄道やバスなどの公共交通機関やマイカーでもアクセス可能です。

  • 公共交通機関 JR常磐線の勝田駅からバス
  • 自家用車 北関東自動車道~常陸那珂有料道路 ひたち海浜公園IC すぐ

といったルートが行きやすいかもしれませんがいくつか選択肢がありますので是非公式HPを参照してみてくださいね。

目当てのネモフィラを見るには何カ所かあるうちの西駐車場がアクセスがいいとのことでまずはそこを目指しましょう。

営業時間

季節によって異なりますが下記のとおりです。

3月1日〜7月20日 9:30〜17:00
7月21日〜8月31日 9:30〜18:00
9月1日〜10月31日 9:30〜17:00
11月1日〜2月末日 9:30〜16:30

基本的には9:30~17:00 あとは季節により閉園時間が伸びたり短縮されたります。ただし混雑時期は7:30~が開園時間となり、休館は月曜です。

詳細はやはり公式HPを参考にしてみてください。また駐車場だけの公式Twitterもありますので混雑状況などがツィートされますので活用してみてくださいね。

公園自体は駐車場も広くも収容台数が多いですが、それでもハイシーズンは満車となり、周辺道路もかなり渋滞しますので相応の覚悟が必要です。

個人的おすすめの攻略方法

まず前提として絶対に一番乗りを果たしたいという場合攻略法は参考になりません。

それを行うにはおそらく前の日から駐車場の入り口並んだほうがいいかもしれません。ただし並ぶにはトイレやコンビニも近くもなく、交通量も多くないとは言え、本来駐車場ではない場所に車を止めることになるのでお薦めはしません。(道路を駐車場として利用することはNGですし、人がいるので黙って駐車禁止切符はきられないと思いますが、待ちという解釈が通用するかもグレーなところかと思います)また入ってからもチケットを買い、入館もゲート一列で一斉に入ることになるのでその人たちとのスタートダッシュに勝たなければならず、最後は足の速さや持久力といったフィジカル勝負になるのです。

もちろん現実的にはかなり広大なスペースではあるので2番目3番目でも大勢に影響は少ないです。ただ誰もいない風景ををベストポジションで撮影したいという場合は10番目以内位がいいかもしれませんね。

ということ回の記事はマイカーでのアクセスで渋滞を避けスムーズに入って比較的人が少ない時間帯である程度ゆったり鑑賞したいという方向けに参考になればという攻略法になります。

それでもできれば平日の早朝アタックがいいのですが、仕事や学校などで難しい方も多いでしょうし始発でいっても、そんなに早くは到着できないよーって場合も多いかと思います。そこでそのような方には前泊をおすすめします。今回自分も車中泊をチョイスしました。近くのホテルなどに宿泊してもいいのですが、しかしながら前の日が仕事でチェックインの時間が読みにくかったり、朝も早く出ることになりそうで温泉でゆっくりということもできそうもなく、且つお金の節約 というあたりを判断しての車中泊のチョイスとなりました。もちろんそうでない方はホテルなどにゆっくり宿泊してもいいでしょう。

もう一つの選択肢としては勝田駅の周辺駐車場に車を止め、そこからバスで行く方法もあるようですが、こちらもかなりの混雑がありますのでいずれにしてもある程度早めにはならばないと厳しいようです。ただこちらのバスもネモフィラスポットに近い西側駐車場にも止まるのでおまかせで連れて行ってくれるのは良いですね。いずれにしても個人的なおすすめは”早めに行って早めに帰る”ですね。まあ、当たり前といえば当たり前でしょうか。

車中泊のポイントについて

車中泊といっても上で書かせていただいたようにもちろん路上駐車は禁止ですから駐車場を利用することにしたいもの。

そこで今回宿泊したのは日立おさかなセンターの駐車場です。

ちなみに場所はここです

ここを選んだ理由としては

  • 目的地まで車で15分ほどとアクセスが良い
  • 特にハイシーズンについては西駐車場への右折入庫は禁止となるため左折入庫にも都合がよいルートになっている
  • 名前はおかなさセンターですが中身は道の駅でトイレや自販機 街灯などの設備があること
  • なにより無料がうれしい

といったところが理由です。ハイシーズンは駐車場への入庫待ち渋滞が発生します。駐車場へは本来右折からの入庫も可能ですがそのようなハイシーズン時にそれをやると収拾つかなくなる可能性があります。このため左折から入庫しかできません。したがって右折入庫方面から来た場合、どこかでルートを変えて左折入庫待ちの車の最後尾に車をつけなければなりません。であれば最初から左折入庫のルートで近づく方が合理的といえます。他の候補地としては近隣の海水浴場の駐車場を利用する手もあるようですが、そういった設備面からもこちらの駐車場はおすすめてできるかと思います。

公式HPも参照してみてくださいね

というとで僕も夜中の1時頃に実際に車中泊に訪れてみましたががっつりとしたキャンピングカーから普通の乗用車までたくさんの車中泊がいましたね。

とその前に初めて訪れる場合は前の日に目的地の駐車場の下見は極力するようにしましょう。過去に訪れたことがある場合でもそこから時間が経っていれば道路状況などが変わっている場合があります。今は幸いグーグルストリートビューなども活用できますが、細部を含めた最新状況はできれば把握しておきたいところです。

ということで車中泊ですが、夜遅かったせいもあり、お店も閉まっていたのでまさに寝るだけの状況でした。中には近くを通る国道245号を走る車の音が気になるという方もいるようですが、夜中なので台数も少なく、止める場所も道沿いから離れていたせいか個人的にはまったく気になることもなく、問題もなく車中泊をすることができました。

ちなみに僕は車中泊も大好きです。もちろんホテルのような快適性はないのですが、秘密基地のような感覚で過ごせるし、ホテルのような事前予約やチェックインアウトの手続きもなくパッキングも無くすぐに出発できますし、場所によっては目的地に宿泊できます 費用も時間も短縮できますので一考の余地はあるかと思いますよ。

ちなみにグッズをそろえるとさらに快適性UPします この辺があるといいかもです

実は車中泊の世界もなかかディープで凝りだすとキリがないところがありますが、取り掛かりとして目隠し 寝袋あたりがあればまずまず快適ですのでまずは安物からでいいと思いますので検討してみてくださいね。

 

 

翌朝の行動は早めに

当日ですが、今回ネモフィラはの開花が例年よりかなり早く、見ごろ後半という情報もありますが、公式ホームページでや駐車場公式ツィッターでは開園を早めるといった情報はありません。しかし結果として開園時間は早まっていました。状況によりある程度臨機応変に変えてくるので気を付けてください。開園時間が早まったり、長くなる分には告知などは行わないのかもしれません。

僕はというとそういったこともあるかもしれないのと入庫待ち渋滞の様子が読めなかったのでまずは6時頃には起きて周りの車中泊組の動向を見ることにて、

実際に翌朝目を覚ますと出発した車もちらほら見受けられます。もちろん皆がひたち海浜公園にいったわけではないでしょうが、少なからず何台かは向かっていると考える方が自然です。ということで7時までには出発することにしました 最悪は9時前まで入庫待ちといったところも視野に入れていましたので朝ごはんにおにぎりは確保してあります。誰も並んでいなければいないで他に時間をつぶしてもいいなという感じです。

早朝7時前に駐車場に到着した結果

西駐車場に向かって走っているとその手前の臨時駐車場がオープンしているのが見えました。係りの人がいたので確認するとまだ目当ての西駐車場は満車ではないとのことでしたが、ここの駐車場の方が出口渋滞も少ないとのことで止めてみることにしました。この臨時駐車場は西駐車場に隣接している形で(車での通りぬけはできませんが)西駐車場に一番近い列に余裕をもって止めることができました

ツィッターでは

2018年4月22日 AM9:00でこんな感じ

  • 西駐車場--×満車
  • 南駐車場--○空車 *入庫渋滞あり
  • 海浜口駐車場--×満車
  • 第1臨時駐車場-○空車
  • 第2臨時駐車場-○空車
  • 第3臨時駐車場-○空車

■周辺道路状況 ・ひたち海浜公園IC渋滞。

2018年4月22日 AM8:00でこんな感じ

  • 西駐車場--△やや混雑*入庫渋滞
  • 南駐車場--○空車 ・海浜口駐車場--△やや混雑*入庫渋滞
  • 第1臨時駐車場-○空車
  • 第2臨時駐車場-○空車
  • 第3臨時駐車場-○空車

■周辺道路状況 ・ひたち海浜公園IC渋滞。「常陸那珂港IC(区間無料)」へ

ということで遅くともAM8:00には入庫渋滞とのことでした。

そこから歩いて10分近く歩いてチケット売り場へ行き、係員から本日7:30開園との情報がわかりました。チケットを買ってゲートに回るとすでに4,50人程度の人だかりという状態です。まあまあではないでしょうか?

ちょうどAM7:00頃の様子です。続々車が入ってきています。

気持ちが高まりますなあ

入場ゲート 朝7時過ぎにこの状況でした。先頭はダッシュされたのでしょうか・・・

ここから待つこと20分 そして開園して歩くこと約10分 ようやく絶景に出会えることができました

 

いやあまさに絶景ですね。ちなみに人はどんどん増えてきまして敷地は広いものの丘の通路部分はせまく落ち着いてみることはできませんでした

大人気のネモフィラソフトクリーム 30分ほど並びましたのでお早めに・・・ ネモフィラクッキーもついてきてお得です。ちょいとピンボケ・・・

菜の花に古民家 こいのぼり こんな日本の原風景にも出会えました 古民家では竹馬や竹とんぼ メンコとかのおもちゃで遊ぶこともできましたよ 子供さんも大喜び

チューリップもまだまだ綺麗でした。

見ごろは終わりをむかえつつあるチューリップもまだまだきれい

まとめ

この後は休憩をはさみつつなんだかんだで14:30頃公園を後にしましたが結局帰りは少し渋滞に巻き込まれてしまいました。もう少し早ければよかったかもしれませんがこれだけの景色に出会えたのだから満足です。本当に一日いても飽きないですね。ちなみにこれで二日通しでも料金500円とか某浦安遊園地に行くならコストパフォーマンス的にもこちらの方がはるかに楽しいですね。(笑)こちらは国営ですし、比べてもいけないのでしょうが・・・
広大な公園ですが、日々メンテナンスをして草花などを育てていただいているスタッフさんにも感謝 お礼を申し上げたいと思います。

さて茨城は知る人ぞ知る絶景スポット 次回は今回の続きで訪れた次なるスポットを載せていきます。

NZランド旅行編もまだ未完ですが、ネモフィラは時期ということで記事にしてみた次第です。

楽しんでいただけたら 参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください