スポンサーリンク

イオンカードセレクトのゴールドカードを入手するまでの記録

皆様 こんにちは 今日はイオンカードのゴールドカードをゲットしたお話です。

クレジットカードにおけるゴールドカードは一般のシルバーカードよりも審査が厳しく維持費(年会費)もかかるため、ステータスが高いことで知られていますね。もっとも今は上には上があってブラックカードやプレミアムカードがあるので昔ほど審査は厳しくなくなってきていますし、社会的なステータスも相対的には下がってきています。それでもゴールドカードは当然ながら一般のシルバーカードより各種優待サービスや保険が充実していたり、利用枠も増えたりしますので、ステータスだけではなく持ってしまえばありがたいカードではあります。しかしながら同じゴールドカードであっても年会費や付帯サービスも種類によっても様々。作る際には事前に自らの生活スタイルを鑑みながらよくよく考えて調べておく必要があります。ところが年会費無料のゴールドカードが世の中存在します。例えばエポスゴールドカードやセゾンゴールドカードもそうなのですが、今回はその中でイオンカードゴールドをゲットできましたので参考までにお話したいと思います。維持費が発生しないのであれば損得を考えずに作ってもいいですね。イオンは全国に店舗がありますので利用されていいる方も多いのではないでしょうか

イオンカードゴールド

イオンカードのゴールドは文字通りイオンカードのゴールド版です。一般カのイオンカードと比較して下記の違いがあります

イオンカードゴールドのメリット

  • 最高で3000万円までの国内 海外の旅行傷害保険
  • 年間300万円までのショッピングセーフティ
  • イオンラウンジの利用
  • 羽田空港ラウンジの利用

いかがでしょうか?この内容で年会費無料というのはありがたいですよね。例えば旅行の保険は旅行好きな人には助かります。特に海外旅行は健康保険は効かないので、自分も旅行用の際には保険にはいるようにしていました。万が一を考えると海外旅行の際は保険入ることをお薦めします。 (もっとも我が家の場合は海外旅行はたまにのことで去年はニュージーランドに行っただけですけどね)

また羽田空港のラウンジやイオンラウンジの利用はうれしいですね。 イオンは全国にお店があるので使っている方も多いでしょうから、ラウンジが使えるとありがたいなあって方もいいのではないでしょうか。空港のラウンジサービスも旅行の前後に一服できるのは地味にありがたいと思います。

イオンカードゴールドを作るまで

イオンカードゴールドは申し込めば誰も無条件で作れるわけではありません。基本的には招待制(インビテーション)となっていて、インビテーションを受けるには一定の条件を満たしている必要があります。もちろん一般のイオンカードやイオンカードセレクトを所持していることが前提となりますが、公式に謳われているのは

一般のイオンカードの直近の年間利用額が年間100万円以上ということです。

単純に平らにならすと月間約8.3万円の利用が必要ですが、我が家では公共料金の引き落としや日常の買い物などを含めても年間100万円はきびしいものがあります。

ただし我が家には難しいだけで条件としては非現実的なものではないと思っています。

モデルケースですが家族3人として携帯電話1万5千円 水光熱費1万5千円 日々の食品など日常の買い物5万円 趣味 娯楽 交際費などで2万円 プラスアルファで車を持っている方はガソリン代やETCといったあたりの支払い集中させることで可能な数字かと思います。  ご自身の(ご家族も含め)カード支払い状況を確認してみはいかがでしょうか。注意点としてギフトカードや金券類の購入は対象外となるケースがあるようなので注意してください。

しかしながら我が家ではなかなか難しいことに加えて時間もかかるので他に方法がないか インターネットで検索すると非公式ながら以下の条件が確認されました。

いずれもイオン銀行関連になりますが

  • イオン銀行で定期預金残高100万円以上を1年間継続
  • イオン銀行で定期預金残高500万円以上を2か月継続
  • イオン銀行で住宅ローンを契約
  • イオン銀行で投資信託100万円以上を購入

住宅ローンは家を買うわけにもいかないですし、定期預金100万円は時間がかかります。おなじ100万円以上の投資信託も投資に不慣れな自分にはややリスキーに感じました。消去法的に定期預金500万円のコースにチャレンジです。ということでイオンカードを銀行口座が付属したイオンカードセレクトにカードを切り替えを行いました。

イオンカードにもいくつか機能により種類が分かれます。

  • イオンカード・・・ノーマルなクレジットカード VISA JCB Masterなどが選択できます
  • イオンカードWAON一体型・・・イオンカードに電子マネーWAON機能を付加
  • イオンカードセレクト・・・イオンカードにキャッシュカードや電子マネーWAON機能を付加

当然ながらイオン銀行の口座が必要なのでイオンカードセレクトを選択するということになります。

そして自分のなけなしの貯金や家の貯金を嫁を説得して切り崩しイオン銀行の定期預金を組みます。噂では二か月間ですが念のため半年の定期を組みます。ちなみに金利は定期預金が3年以上で0.1%になりますが半年では0.04%です。普通預金はイオンカードセレクトというだけで0.1%となぜか普通の預金のほうが金利がいいのは不思議です。

ということでそのあたり釈然としない思いを抱えながらも口座を開設し結果的に入金を行ったのが12月15日 そしてめでたくインビテーションが届いたのが2月20日でした。ちょうど約2か月ですね。インビテーションはハガキで届きますが、待ちきれない方は、定期を組んで二か月前後からたまにイオン銀行ホームページにログインするといいと思います。そこで各種カード切り替え手続きの欄があるのですが、条件を見たしている場合はそこでゴールドカードを選択ができるようになっています。切り替えはネット上で行ってからさらに二週間ほどでゴールドカードが無事届きました。

アメックスやほかのゴールドカードよりは特典が薄いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、個人的には年会費無料ですし、これで十分です。

興味ある方はやってみてくださいね。

 

ちなみにゴールドカードの条件は具体的にはホームページに記載の年間100万円以上以外の条件は教えてもらえないそうですので悪しからず

 

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください