スポンサーリンク

職人の技が光る極上イヤフォン3E Alliageを買ってみた

自分はイヤフォンにはあまりこだわりがなかったのですが、ひとめぼれという形での衝動買いしたイヤフォンをご紹介します。

思えば以前にもイヤフォンをレビューしましたがそれにつづくイヤフォンレビューです

前回の記事はこちらです

低音万歳!! radius HP-G100BTレビュー

2018年4月14日

きっかけは突然に・・・店頭でびびっときました

きっかけはたわいもないことでした。特にイヤフォンを買おうと思っていたわけではないのですが、少し時間があったので某電気店をふらふらしていると耳慣れない3Eというメーカーのイヤフォンを発見します。メーカーロゴもなく派手さがいっさいないシンプルなデザイン 耳掛け式なので一瞬SHUREのイヤフォンのかとも思いましたがどうも様子が違います。直感で興味をそそられてしまいました。どれどれと試しに試着してみるとなかなかの快適さ そして肝心な音はというと おお、っと感じるほどなかなか素晴らしいものではあーりませんか  しばし悩みましたが最近残業で少し稼いでいるしま、いいかと購入してしまったのでありました。

おうちにやってきた3E Alliage

ということで早速開封の儀ってやつです。取り急ぎつらつらとご紹介

外箱です。ちなみに本機はBT・有線両対応です。

控えめな3Eのロゴに好感

蓋をあけみてたところ イヤピースは3種類です

同梱のケーブル類 有線のケーブル BT用ケーブル 充電ケーブルです

BT(ブルートゥース)用ケーブルです。

耳掛け式なのですが、耳にかかる部分は樹脂で保護されています。端子は金メッキ仕様です。

有線用ケーブル リモコンはありませんが癖がなく取り回しやすいです。

同じく耳掛け式なので樹脂の保護

やっとでてきた本体 シルバー ゴールドの二色がありますが今回はシルバーをチョイス

ケーブル着脱箇所にLRの印 シルバーというよりブロンズに近い印象もあります。

接続してみました

レザー風のケース 大型なのは有線用ケーブルの同時に持ち運びを想定してのこと

和紙っぽい感じで非常にいいです。

3E Alliageとは何奴じゃ

写真が先の紹介となりましたが、そもそも3Eというメーカー Alliageという製品についてご紹介しましょう

3Eというメーカーはご存知ですか?正確に言うと3Eはメーカーではありません。正式名称「は株式会社スリーイーホールディングス」ということで正確には日本の持ち株会社です。しかしながらオリジナル商品としてこういったオーディオ機器やオフィスサプライ スマホアクセサリーやカメラ好きには有名なヤシカブランドのレンズなどを扱っているのです。

日本のオーディオメーカーだとSONYやビクター パナソニックなども有名ですが、平成2年創業という比較的新しい会社があえて群雄割拠のイヤフォン業界に参入というのはよほどモノづくりに自信があるからでしょう。

今回あらためて調べてみるとAlliageはなかなかにすごいやつということがわかりました。

Alliageの特徴

  • 上の写真でも紹介しましたがBluetoothと有線、二つの接続方式を選べるリケーブル対応
  • 高音域用として解像度に優れるバランスド・アーマチュア・ドライバーを1基、中低音域と重低音域用にそれぞれダイナミック・ドライバーを1基ずつ計3のドライバーを搭載
  • 本体は職人による加工(アンティークのような風合いは、ひとつひとつ微妙に異なります。)

こでだけの内容で実売は1万6千円弱ですから非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。さらに特筆すべきはバランスドアーマチュアとダイナミックという二つのドライバーを組み合わせたことです。ドライバーとは音を出す部分のことでまさにスピーカーとしとての役割を持ちますが、特徴に応じての使い分けこの価格帯の製品では少ないと思います。さらに職人による本体加工はなかなかのこだわりですね。

ちなみに仕様は以下の通りになっています。

◎スペック

本体サイズ(長さ) ◆無線の場合:87cm◆有線の場合:約131cm
重量◆無線の場合:約18g◆有線の場合:約23g
Bluetooth V4.1 CSR8640
対応コーデックAAC SBC MP3
対応プロファイルHSP HFP A2DP AVRCP
ドライバー形式密閉型
搭載ドライバーBA型×1 ダイナミック型×2
ドライバーサイズΦ3mm(BA型)、Φ8mm(ダイナミック型)
音圧感度96dB±3dB
再生周波数帯域10Hz~23KHz
インピーダンス8Ω
対応ビット数24bit
周波数特性2,402-2.480GHz
電源リチウムポリマーバッテリー
連続音楽再生時約4時間
連続通話可能時約4時間
充電時間約2時間
動作可能距離約10m

手に取ってみた印象 音質は?

職人加工と呼ばれる本体はなかなか味わい深いです。ほかのどのイヤフォンとも似ていない印象でロゴなどもなくすっきりしているのは好印象です。ケーブルも癖がなく取り回しがしやすいです。有線用のケーブルはさらに癖がなく、扱いやすいです。ただし上にも書いたようにリモコンがないのでリモコンが必要な方はリケーブルしましょう。BT用としてはリモコンも使いやすくペアリングもすばやく行われて使っていてストレスが少ないですね。着脱はいわゆるSHURE掛けと呼ばれる耳掛け式です。SHUREに慣れていれば問題ありませんが、そうでない方もすぐになれるのではないでしょうか

音は高音から低温まで幅広くカバー 3ドライバーはダデじゃないですね。癖は感じられませんが、ややドンシャリ傾向で人によっては高音がさあす印象があるかもしれません。この辺はイコライザの影響もあるでしょう。

ちょっと残念なのが再生時間の短さです。2時間充電で4時間再生です。個人的に通勤で使う分には問題ありませんが通勤時間が長い方は有線がいいかもしれません。

まとめ

衝動買いでしたが結果的に非常に満足度が高い製品でした。コストパフォーマンスにも優れています。決してオーディオ専業ではありませんが、周りのライバル製品をかなり研究したのではないでしょうか?こだわって良いものを作ろうって意気込みは伝わってくる製品ですね。知る人ぞ知るメーカーですが、音も含めて癖がなく使いやすいのでちょっとDAPやスマホに付属しているイヤフォンから高級なイヤフォンに買い替えたいって方や大手メジャーメーカーではないところで個性を出したい方にはいいかもしれません。個人的にはかなりおすすめ度が高い製品です。一度試してみてほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

よろしければシェアをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください